アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/16
コメントバック 対応

PHPのメール設定 -開発環境を準備しよう-

次頁 > WWWサーバの基本設定
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



もし、お使いのインターネット環境がADSLのような常時接続なら、PHPのメール設定を行うと自分のパソコンから直接Eメールが送信できるようになります。
この機能はCGI開発のテスト段階でとても重宝します。
もともと、PHPやPerlはUNIX系OSから誕生し、Windows用に移植されています。
UNIX系にはsendmail(メール送信プログラム)に代表されるよう、SMTP(エスエムテーピー:Eメール送信プロトコル)が色々用意されていますが、Windows系OSはこのあたりが不十分です。
PHPはプロバイダーのメールサーバへラッパー(取次ぎ)し、処理してくれます。

ここまで書いて、今気づきましたが、決してスパム目的などで悪用しないよう自尊心を持って運用してください。
では早速設定してみましょう。

初心者用に書いてます、わかる人は好きなように変えてくださいね。
1.メモ帳(Notepad)を開き、ファイル-開く から、c:\windows\php.ini を開きます。

2.検索から、mail function と入力し、検索します。

3.
[mail function]
; For Win32 only.
SMTP = localhost
; For Win32 only.
sendmail_from = me@localhost.com
の部分を以下のように修正します。

[mail function]
; For Win32 only.
SMTP = あなたの使っているSMTPサーバ名(ex smtp.php.ne.jp)
; For Win32 only.
sendmail_from = あなたのEメールアドレス(ex my@php.ne.jp)

4.上書き保存します。(他の部分は一切触らないようにご注意を!)

これで、PHPのメール設定は終了です。
お疲れ様でした。


<<<< トップ <<< テーマトップ << サブテーマトップ < 前頁次頁 > WWWサーバの基本設定 >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0