アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/16
コメントバック 対応

PHPのインストール -開発環境を準備しよう-

次頁 > PHPのメール設定
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



ダウンロードした、PHPのインストールを行います。
ちょっと慣れない作業があるかもしれませんが、この機会に触れてみてください。
では早速インストールしてみましょう。

初心者用に書いてます、わかる人は好きなように変えてくださいね。
1.Windowsのエクスプローラ、または、マイコンピュータを開き、Cドライブ直下にphpフォルダを新規作成します。(ダウンロード用に作成したCドライブのdownloadのPHPとは別のフォルダーです)

2.downloadのPHPフォルダから、ダウンロードした p-4.2.3-Win32.zip をダブルクリックします。

3.解凍ツールが起動され、全部で260近いファイルがリストアップされます。

3.お手持ちの解凍ツールでCドライブ直下のphpフォルダへ全部保存して完了です。(#12へ)

4.ここからは、先にLHUT32解凍ツールをインストールした人向けに保存方法を説明します。

5.ファイル-解凍ウィザード を開きます。

6.次へをクリックし、ファイル選択から、PHPフォルダ内の p-4.2.3-Win32.zip をダブルクリックします。

7.解凍するファイル欄に追加されたのを確認し、次へをクリックします。

8.フォルダ参照から、Cドライブ直下のphpフォルダを指定しOKとします。

9.解凍先欄に表示されていることを確認し、解凍オプションチェックボックスに対し、"解凍時にディレクトリ名を有効にする" のみチェックし、次へをクリックします。

10.完了をクリックします。

11.phpフォルダ内にフォルダやファイルが表示されているはずです。

12.これから環境を整える作業を行います。

13.解凍したphpフォルダ内をよぉ〜く見てください、"php.ini-dist" と言うファイルがあるはずです。

14.このファイルをマウス右クリックでコピーを選択し、もう一度マウス右クリックで貼り付けます。

15."コピー 〜 php.ini-dist" と言うファイルができますので、このファイルをマウス右クリックで名前の変更を選択し、"php.ini" に変更します。

16.変更した "php.ini" をマウス右クリックで切り取り、cドライブのwindowsフォルダで、マウス右クリックで貼り付けます。
つまり、php.ini-distをコピーし、php.iniにリネームし、windowsフォルダへ移すと言う作業です。

これで、PHPのインストールは終了です。
基本は全て終了しました、もう直ぐ実感できる所まで来ていますので、諦めないで頑張ってください。
もし時間があれば、この辺で一度、休憩などオススメします。コーヒーなんかも美味しいですね、タバコも良いかもしれません。
と言う私は、既に書いてるだけで、10本近くも吸ってしまいました。
お疲れ様でした。<-自分へ(笑)


<<<< トップ <<< テーマトップ << サブテーマトップ < 前頁次頁 > PHPのメール設定 >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0