アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/16
コメントバック 対応

Perlのインストール -開発環境を準備しよう-

次頁 > PHPのダウンロード
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



ダウンロードした、ActivePerlのインストールを行います。
インストーラが付いていますので、普通の製品ソフトウェアをインストールする感覚でOKです。
では早速インストールしてみましょう。

初心者用に書いてます、わかる人は好きなように変えてくださいね。
1.Windowsのエクスプローラ、または、マイコンピュータを開き、perlフォルダから、ダウンロードした ActivePerl-5.6.1.633-MSWin32-x86.msi をダブルクリックします。

2.インストール(Setup)ウィザードが表示されますので、Next>をクリックします。

3.使用許諾について聞いてきますので、上の I accept... をチェックし、Next>をクリックします。

4.インストールフォルダを聞いてきますので、そのままNext>をクリックします。

5.PPM3うんぬんと聞いてきますが、そのままNext>をクリックします。

6.セットアップオプションとして環境変数うんぬんと聞いてきますので、上の2つ Add Perl...、Cretate Perl のみチェックし、Next>をクリックします。

7.これで設定が終わりました、Installをクリックします。

8.インストールが始まります。

9.インストールが終わると完了画面がでますの、Finshをクリックします。

これで、Perlのインストールは終了です。
インストールされたPerlは、Cドライブ配下に perl と言うフォルダが作られ、そこから展開されています。
環境変数へPerlのパスが自動的に書き込まれているはずですから、一度、再起動をかけてから、次の作業へ進みましょう。
お疲れ様でした。

追伸
インストール手順に一抹の不安(忘れているかも)があり、少しインターネットで検索してみたところ、CGI配布サイトで有名な KENT WEB で、図解入りで詳しく書いてありました。
お恥ずかしながら、よっぽど分かりやすいようです。


<<<< トップ <<< テーマトップ << サブテーマトップ < 前頁次頁 > PHPのダウンロード >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0