アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/16
コメントバック 対応

解凍ツールの準備 -開発環境を準備しよう-

次頁 > WWWサーバのダウンロード
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



既にファイルの圧縮/解凍ツールを使った経験のある方はパスしてください。

これからダウンロードする、WWWサーバプログラムやPerl、PHPプログラムは、ファイル圧縮された状態でダウンロードされてきます。
これらのファイルを圧縮から解くために、解凍プログラムを用意しておく必要があります。
ややこしい話ですが、元々大きいサイズのプログラムや、プログラムが複数フォルダにまたがっている場合など、1個づつダウンロードしていたのでは大変です。
圧縮はプログラム単体、または、フォルダ、さらには複数フォルダなど、1つのファイルにまとめてしまいます。
この圧縮されたファイルをパソコン内にダウンロードし、解凍すれば元に戻るというわけです。

圧縮方法にも色々な様式があり、それぞれ拡張子で区別されています。
Windowsで使う場合、大抵 LZH拡張子で圧縮されたファイルですが、今回利用するWWWサーバはZIP拡張です。(PHPはLZH)
また、同じLZH、ZIPに対応した圧縮/解凍ツールも、多種多様存在しています。
私が使っているもので進めますのでご理解ください。
では、まだインストールして無い人は、圧縮/解凍ツールのダウンロードから始めましょう。

初心者用に書いてます、わかる人は好きなように変えてくださいね。
1.Windowsのエクスプローラ、または、マイコンピュータを開き、Cドライブに downlod と言うフォルダーを新規に作成します。

2.downloadフォルダ内に LHUT32 、 UNLHA32 、 UNZIP と言うフォルダを作成します。

3.http://www.kazusoft.net/へアクセスし、"フルバージョン Ver1.44のダウンロード" をクリックします。Verの部分は変わっている可能性があります。

4.ファイルのダウンロードを聞いてきますので、保存を選択し、先ほど作成した、CドライブのdownloadのLHUT32を選択し、保存をクリックします。

5.ダウンロードが始まります。

6.続いて同じ手順で、http://www.madobe.net/archiver/index.htmlへアクセスし、同サイトにある "ulh3186a.exe from NIFTY" をクリックします。ulhの後ろはバージョンですので変わっている可能性があります。

7.同じ手順で UNLHA32 フォルダへ保存します。

8.続いて同じ手順で、http://www.madobe.net/archiver/index.htmlへアクセスし、同サイトにある "unzp540.exe" をクリックします。unzpの後ろはバージョンですので変わっている可能性があります。

9.同じ手順で UNZIP フォルダへ保存します。

10.以上、全てのダウンロードが終了したら、エクスプローラ、または、マイコンピュータから、LHUT32、UNLHA32、UNZIP、それぞれのフォルダを確認してみてください。拡張子.exeファイルがあるはずです。

11.LHUT32フォルダから LHUT3244.EXE をダブルクリックで実行します。

10.いくつかのファイルが自動的に解凍され同フォルダ内に現れます。

11.README.TXTと言うファイルを開き、インストール方法の手順に従い、インストールします。

12.このプログラムは「カンパウェア」になっているようです、http://www.kazusoft.net/kanpa.htmlに詳しく書いてあります。(自己判断で)

13.LHUT32のインストールが終わったら、UNLHA32フォルダから UNLHA32.DLL の解凍を行います。

14.同じようにダブルクリックで実行すると、自動的に解凍され同フォルダ内に現れます。

15.UNLHA32.TXTと言うファイルを開き、インストール方法に従います。

16.若干、上記説明書が分かりにくいかもしれません、要約すると、 "UNLHA32.DLL" を、cドライブWINDOWSのSYSTEMフォルダ(C:\WINDOWS\SYSTEM)にコピーしてください、と言うことです。

17.コピー方法は、"UNLHA32.DLL" をマウス右クリックでコピー、そのまま、C:\WINDOWS\SYSTEMを開き、マウス右クリックで貼付けでOKです。

18.UNLHA32.DLLのインストール(コピー)が終わったら、UNZIPフォルダから UNZIP32.DLL の解凍を行います。

19.同じようにダブルクリックで実行すると、自動的に解凍&インストールが行われます。

20.解凍先を変更せず、そのままOKでインストールした場合、c:\Program Files\ArchiverDLL\UNZIP32フォルダにUNZIP32.TXTと言うファイルが展開されています、開いて内容を確認しておいてください。

これで、解凍ツールの準備は終了です。
今回のダウンロードまでの手順は大体同じなので、この機会に慣れておくと何かと便利だと思います。


<<<< トップ <<< テーマトップ << サブテーマトップ < 前頁次頁 > WWWサーバのダウンロード >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0