アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

誘導ページ -品質に関する推奨-

最初 > テーマトップ
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
サーチエンジン対策の目的で誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテンツがほとんどない提携プログラムのような、見掛け倒しのプログラムを使用しない。

とは...最後のくくりです。

このガイドラインで一貫してGoogleが示していることは一つ、Googleを意識したホームページを作らないでください、ってことです。
確かどこかのくだりにあったと思いますが、「もし、Googleと言うサービスが存在しなかったら、あなたのホームページでそのようなことをしているだろうか?」の自問に対し、YESとなるようなことはしないでください、と言うことです。

誘導ページ ...そんなこと言われても、ってのが正直なところですよね。
Google自体、紛れも無くインターネットの存在上になり得るサービスですし(ましてや、上場したわけですし)、自分の都合の良いように周りをコントロールすることなど不可能です。

自分のホームページなら自分の考えで好きなように運営すれば良いと思います。
但し、Googleと仲良くしたいなら、せっかく示されているガイドライン、遵守するよう努めたいものですね。

最後の最後に...
実際、ここに示されているガイドライン、真っ向から無視、かなり露骨に振舞っていたWebサイト、Googleから締め出されている事例もあります。
後ほど機会があれば紹介したいと思いますが、

ほどほどに...、です。(笑)

この品質に関するガイドラインでは一般的な騙し行為や不正な操作について説明しましたが、ここに記載されていない不正な行為についても、Google が否定的な反応を示す場合があります (著名な Web サイトのスペルを少し変えた、ユーザーが間違えそうな名前で登録するなど)。
ある騙しのテクニックがこのページに記載されていないからといって、Google がその行為を承認しているわけではありません。
上記の基本方針を守るために努力している Web マスターが作成するページは、抜け道ばかりを探している人が作ったページよりも、ユーザーに好感を与え、その結果として順位も上がるはずです。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0