アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

重複ドメイン -品質に関する推奨-

次頁 > 誘導ページ
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
複数ページ、サブドメイン、または事実上コンテンツが重複しているドメインを作成しない。

とは...同じモノ、つまりクローンサイトやページを作成しないで、ってことですね。
これも意図的に、と言う前提があると思います。

すでにみなさんもご存知かと思いますが、ドメインはインターネット上の住所のようなモノですね。
後ろから読んで行けばOKです。(www.japan.co.jp なら、jp:日本の、co:企業で、japan:と言う会社名で、www:と言うWebサーバー)

例えば、旧アクセス向上大失敗の場合、www.igros.tv ですから、tv:南太平洋の島国ツバル国のドメイン名で、igros:と言う人が発信している...みたいな感じです。
重複ドメイン 検索ロボットがホームページを収集し解析する場合、www.igros.net/配下の各ページは、www.igros.net グループ(サイト)として関係付けられますが、まったく同じクローンサイトが www.igros.cn などとして存在した場合、2つの違うサイトとして存在できることになります。
このようなドメインを複数個用意しトリックを仕込むのは勘弁ネってことになります。

サブドメインはドメインをさらに分割する方法で、レンタルサーバー会社などで多様されています。
これを悪用すると1ドメインで何百ものクローンサイトを作ることができますので...困ったものですね。

ただ、良く考えてみてください、「複数ページ、サブドメイン、または事実上コンテンツが重複しているドメインを作成」しようが、しまいが、はっきり言えば、各サイトオーナーの勝手です。
またこの行為が明らかに「Google」の意図する自粛事項に抵触するモノなのか、説明上難しいところが多いと思います。

インターネットはGoogleのモノでもないので、中立的立場から言えば「そこまで言うのは如何なモノか?、自分の弱点を露呈するだけなのでは???」って。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > 誘導ページ >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0