アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

不正なプログラム -品質に関する基本方針-

次頁 > 隠しリンク
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
ページの登録やランクの確認などに、不正なコンピュータプログラムを使用しないようにします。
このようなプログラムの使用はコンピュータのリソースを消費し、Google の利用規約に違反します。
Googleは、自動化またはプログラム化されたクエリをGoogleに送信する WebPositionGold? のような製品の使用は推奨していません。

とは...普通の人にはほとんど関係無いと思います。
これは私のような人間やSEO屋さんみたいな人に対する警告だと思います。

不正なプログラム ページの登録やランクの確認 をするプログラムを開発し使った場合、それを何故 不正なコンピュータプログラム と位置づけるのか、やや理解に苦しむところがあります。
別に「良いじゃん」って思うのですが...

Googleの言い分としては コンピュータのリソースを消費 させる為、と言うことのようです。

本来Googleは、ユーザーがキーワードを入力し、その検索結果を返すことが仕事です。
自動化またはプログラム化されたクエリ になると、ユーザーの介入は不要となり、ある目的のためだけにプログラムが自動的にGoogle検索エンジンへ問合せを出すことになりますので、その頻度にもよりますが場合により過剰なリソース消費に繋がることもありうるって感じでしょうか?
リソースがどうのこうのと、なんともケチ臭い話です。

たぶん本当の意味は全然違っていて、Google自体を解析する行為を抑止しているのだと思います。
コンピュータプログラムを解析するにはコンピュータプログラムで応戦した方が得策です。
膨大なデータをある意図に沿って解析し、その結果を点と点、線と線、と言う具合に人間が法則を見つけ出すためのパターンデータをコンピュータは導いてくれます。

実はこのGoogleガイドライン解説を書き終えたら、Google検索結果順位検索プログラムなるモノを作ろうとしていたのですが、ズバリ「不正なコンピュータプログラム」になってしまうようです。(苦笑)
自分の意図とするキーワードで何番目位に表示されているのか?気になりますよね??
でも、30位以降くらいになると目で追うのもヘトヘトで...Google検索結果順位検索プログラム、便利だと思うのですがねぇ〜〜〜やっぱり「不正」なんでしょうか?


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > 隠しリンク >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0