アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

階層とテキストリンク -デザインおよびコンテンツ-

次頁 > サイトマップ
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
わかりやすい階層とテキストリンクを持つサイト構造にします。
各ページへは、少なくとも1つの静的テキストリンクからアクセスできるようにします。

わかりやすい階層とは...普通の階層と思えば良いでしょう。
逆にわかりにくい方を説明した方が簡単です。
例えば一つのWebサイトを構成している中でサーバーが別々だったり、自動的に違うURLへ飛ばしたり、アクセス者(元)を判断しそれぞれ違った構成を提供したり、意図的に出口の無いループ(行ったり来たり)を作ったり...、色々とテクニックが加われば加わるほど、「わかりにく階層」になってしまいます。

テキストリンクを持つとは...これも普通のリンクと思えば良いでしょう。
HTMLで <a href="url">テキスト<a> が一般的ですね。
テキストリンク意外の例では、FlashのアクションスクリプトやJavaScript、画像のクリッカブルマップなどがあります。

少なくとも1つの静的テキストリンクとは...静的の反対は動的です。
あらかじめHTMLでホームページを作成しサーバー上に置いておく方法は静的と言えます。
一方HTMLは存在せず、アクセスされる都度CGIプログラムが自動的にHTMLを吐出す方法は動的と言えます。
ちょっとピンとこないですか?

例えばグルメ紹介ページを考えて見ましょう。
自分のオススメ店が3店、それぞれお店の紹介ページを作成しホームページとして掲載します。
アクセスしてきたユーザは各ページへのリンクをクリックし該当ページを呼出します。
一方、自分のオススメ店100店、それぞれの紹介ページを作る手間隙がありません。
そこで紹介ページを自動的に吐き出してくれるCGIプログラムを作成します。
このプログラムに「1」と言う値を付けて呼出した場合は「A店」、「2」の場合は「B店」というように動的に出力します。

階層とテキストリンク では何故Googleは「わかりやすい階層」「テキストリンク」「静的」を好むのでしょうか?
インターネット上を周回しホームページを収集する仕組みは検索ロボットとかクローラーと呼ばれています。
この検索ロボットは何を隠そう「コンピュータプログラム」で実際に何か物理的なロボットがネットワークの中を走り回っているモノではありません。(笑)

収集プログラムはHTMLファイルを読込み登録します。
さらにHTMLを分析しそのページからリンクされているページへと渡り歩き、自律的に収集・分析・登録を繰り返しながらインターネット上を周回しているのです。
収集プログラムは人間と違い「あいまいさ」に弱く正しく分析できません。
つまり階層が複雑だったり、リンク方法がわかりにくかった場合、正しく分析できず途中で収集を断念し他のサイトへ仕事を移してしまう可能性が高くなります。
同じように動的なホームページの場合、その存在が無いことから分析のしようがありません。

つまりGoogleでは収集プログラムが正しく収集できるよう、「わかりやすい階層」「テキストリンク」「静的」を推奨しているわけです。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > サイトマップ >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0