アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

トリックは使わない -品質に関する基本方針-

次頁 > リンクプログラム
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
サーチエンジンでの順位を上げるためのトリックを使わないでください。
これを判断する目安となるのは、順位を競っているサイトに対して自分が行った対策を説明したときに、何もやましい点がないかどうかです。
その他にも、「これはユーザーにとって役に立つのだろうか?サーチエンジンがなくても同じことをしただろうか?」と自問してみてください。

とは...非常に抽象的なガイドラインのため説明が難しい状況です。
どう説明すれば良いのでしょうか?(Googleさん、もっとはっきり言ってくれませんか!?)

トリックは使わない サーチエンジンでの順位を上げるためのトリックを使わないでください。、裏を返せばサーチエンジンの順位を意図的に上げる方法があるととれますね。
これを商売にしているがSEO屋さんでしょうか。
それをスルな!と言うことですから、SEO対策をしてはいけません、と言ってるのでしょう。

サーチエンジンがなくても同じことをしただろうか?と自問、これは上手いこと表現しています。
この世にサーチエンジン(Google)が存在しなかった場合、ホームページを作る上で「そんなことしてました?」ってことはしないでください。
ってことになります。

私の見解としては、Googleにそんな事まで言われる筋合いは無いと思います。
自分の考えや意思で、自分の好きなように物事色々取組んで良いと思います。
たぶん、Googleもそれを否定するつもりは無いでしょう。
ただその結果、仮にGoogleから排除されても「それはあなたの問題です」と言うことを言っているのだと思います。

つまり、自分のホームページ、自分の好き勝手に作成しても何ら問題ナシ。
ただ「Google」検索エンジンに登録され、しかも望むような結果を得たいなら、Googleのガイドラインに従ってください。
そう解釈すれば良いと思います。

Googleは非営利団体では無く、立派な営利目的企業ですから、自社の利益を阻害する要因を排除するルールがあって当然ですね。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > リンクプログラム >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0