アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/18
コメントバック 対応

サイトの登録申請 -サイトの準備ができたとき-

次頁 > Open DirectoryとY!
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



※このページの太字はGoogle「WebマスターのためのGoogle情報」からの引用文です、予めご了承ください。
サイトがオンラインの状態になったら、http://www.google.co.jp/addurl.html にアクセスして、Google にサイトを登録申請してください。

とは...ホームページが完成し、WWWサーバーへアップロードしたらGoogleへ登録してください、と言うことです。

ここで「オヤ?」って思う方もいるかもしれません。
Googleのクローラーはインターネット上を這い回りながら勝手に登録する、いわゆる「ロボット型」検索エンジンなので「登録申請」って!? と思われるかもしれません。
答えは簡単で「ハイ、その通り、特に登録申請する必要はありません」だと思います。

サイトの登録申請 では何故このようなガイドラインが掲載されているのか、と言うことですが、2つ意味があると思われます。
1つには「新しいサイトをより早くカバーするため」。
クローラーが新しいサイトを発見し登録するまでには、何らかの形でどこかからそのサイトが正しくリンクされている必要があります。
ちなみにどこからもリンクされていない孤立ページには辿り着きようが無いのでいつまで経っても登録されません。
ここで登録申請すればクローラーの強制巡回リストに追加され、とりあえず巡回してみる、と言ったことになると思います。

もう一つの理由ですが、たぶん...、
あまりに「登録」に関する質問、例えば、「Googleに登録するにはどうすれば良いですか?」みたいな問合せが多く、「何もしなくてもそのうち登録されます」みたいな回答では良く理解されない方が多く、いちいち説明している経費も馬鹿にならず、だったら「登録申請」を掲載すれば! ってことだと勝手に思っています。(たぶんです)

ちなみにGoogleの「サイトの登録」では、URLとコメントを入力する欄が設けられていますが、ここで入力するコメントは意味が無いのでは?と思います。
いわゆる「登録したぞ」と言う登録者の満足感と言うか達成感と言うか、つまりダミーじゃないかなぁって???
(よく読んだら、ページのコンテンツを説明するコメントやキーワードも追加できます。 これらは Google 側の参考情報として使用されるものであり、Google でのインデックス付けには使われません。 と書かれてました。)

最後に...、作ったページ全てを登録する必要はありません。
仮に頑張って登録しても良いと思いますが、無駄な労力です。
(この大変な作業を効率的にこなすのがクローラーでありコンピュータの得意作業です)
我々人間としては、その時間をもう少しコンテンツなど知的なところに使いましょう。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > Open DirectoryとY! >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0