アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/15
コメントバック 対応

手抜きが生命線 -ホームページリニューアル-

次頁 > 広告クリック率
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



少々誤解を招きそうなタイトルですが、これも今回のリニューアルでは大事な要素でした。
簡単なお話、HTMLを複雑化しないと言うものです。
例えば、「時々コラム」など、レギュラーコンテンツで、更新するたびにバックナンバー化しているような場合、カット&ペーストでコピーしたりするわけですが、妙にHTML化していると少し手を加え補正する場合が出てきます。
これが意外に厄介で、強いては更新の弊害になったりします。

一方、文章を書いていると、強調したい部分にボールド(太字)を使ったり、文字カラーを赤や青に変えたり、その時々のフィーリングで行ったりします。
ページ数が増え、言いたいことも多くなってくると、強調したい基準が大きく崩れてきます。
結果、整合性の無いバラバラ「強調」になり、本来の「強調」が霞んでしまう有様。
さらに、文書内からハイパーリンクを多様すると、かえって分かりにくくなったり、メンテナンスが大変になったり...。

これが私の経験でした。
従いまして、明確なプライオリティと言うか、ルールと言うか、そのような基準を作り、「強調」や「リンク」の意味づけを明確にした方が好ましいと思われます。
で、この基準化について検討してみたのですが、なかなか難しいと言うのが実感です。
とうとう私は「ルール」化できず、得た答えが、"何もしない" と言う結論でした。

これを称して「手抜き」と呼んでるわけですが、文書中に、あえて強調したい部分があっても「何もしない」、リンクしたいと思っても「何もしない」です。
これがベストな選択とは思っていませんが、バラバラになるよりも良いだろうとの判断です。
文章を作成する時間も短くなりますし。

その他、テーブルタグを使ったレイアウト決めも極力排除しました。
代わりに多様したのが画像を使ったレイアウト補正です。
1×1ピクセル最小単位画像を透明で作成し、WIDTH属性とHEIGHT属性で位置決めを行います。
この場合、画像が多様される傾向にありますが、同じ画像の使いまわしになりますのでダウンロード時間(表示時間)には影響しません。

WIDTHを100にすれば
このあたりに!
WIDTHを300にすれば
このあたりに!
WIDTHを200、HEIGHTを30にすれば
このあたりに!

って感じです。

この手抜きの考え方と画像を使った位置決めは、思わぬ結果に結びついたような感じです。
アクセス向上大失敗は、横幅730で設計されています。
これにはアクセス解析の結果を参考にしています。
一番多い画面サイズは1024×768、ついで800×600、640×480は皆無に等しい数字です。
800×600を基本に考えた場合、全画面をブラウザで覆うサイズはマズイと考え、ディスクトップアイコンが見える余白を考慮。
横幅730の内、文章を書いているエリアは640幅になっています。

皆さんが見ているこのページ、ブラウザを最大化してもほとんどレイアウトの変化は無いと思います。
仮に640幅まで縮小しても文章部分は欠けないと思います。
さらに、ブラウザの表示-文字のサイズで、大、最大と大きくしても、崩れないと思います。
(画面下の「参考サイト」部分が文字最大で崩れます <--- 失敗!)

これらは、何を隠そう、「手抜き」による結果的報酬だったわけです。


<<< トップ << テーマトップ < 前頁次頁 > 広告クリック率 >>

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0