アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2002/8/15

プロの目結果報告 -やっぱり相手にされなかった!?-

トップページ > アーカイブ > プロの目結果報告
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



【依頼日】1999.4.29(15サイト)/1999.5.13(追加1サイト)
●問合せメールの件数: 16件
●リアクションの件数: 5件 (お断りも含む)
●つまり無視された件数: 11件

【依頼メールの内容】
○○ 様

はじめまして、「アクセス向上大失敗−ここがまずかったかな?−」 を掲載しています、○○と申します。
誠に失礼かつ勝手なお願いかと存じますが、下記内容について是非ともご意見頂きたいと思いましてのメールです。

アクセス向上大失敗とは。先に私自身が掲載したHPのアクセスが思ったように伸びなかったため、どこがまずかったかを自分なりにまとめた内容を中心に掲載させて頂いてます。
わずか一ヶ月余りの新サイトではありますが、多くの方々から色々なご意見を頂いています。

そんな中、私自信一つの疑問(興味)が沸いてきました。
いわゆるポータルサイトの検閲サーファー(私はプロと呼んでいます)は、「失敗のホームページって」どのように考えているのかと。

「失敗」って言うと抽象すぎると思いますので、「どんなホームページが嫌い」「どういう所がマズイ」「レッドカードと思うHPのタイプは」 などなど日頃感じていることについて、プロの観点からどう思われるかについて短いコメントで結構ですので、是非教えて頂きたいと思うのです。

もちろん、コメント者を特定するようなことは決して致しません。

大変お忙しいとは存じますが、貴重なご意見、是非とも承りたく、よろしくご検討お願い致します。

と言うことで、大変貴重なご意見をご紹介させて頂きます。
ご協力頂きました方々に心から感謝致します。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

<ファイル1>(個人的な意見として)
私が失敗したと思ってしまうのは、次の様なページです。
■トップページが異常に重いJAVA関連や、アクセスするといきなり音楽がなる等
■クリックしたら工事中、またはNotFound
■目的のページを見るまでに何度もクリックが必要
やはりアクセスに時間がかかるのは、ストレスの原因になってしまいます。

<ファイル2>(アマチュアとして)
基本的に嫌いなホームページはありません。
HTMLの書き方が「良くない」と思うホームページはありますので、それについて箇条書きさせていただきます。
・半角カナを含んだHTML
・特定のブラウザのみを対象としたHTML
・800ドット以上の画像を含んだページ構成

<ファイル3>
こちらは、○○の検索サービスである○○に関する質問を受け付けております。
誠に申し訳ございませんが、上記のようなご依頼には、答られません。
その点は、何卒御了承下さい。

<ファイル4>
私共では、掲載に際してページの内容が公序良俗に反するか否かについては確認しておりますが個々のページに関する感想などはお答えしかねます。

<ファイル5>
○○ はホームページの中身以上に紹介文も重視してます。
△△ と異なりそのまま掲載するので、それ自体が ○○ の重要なコンテンツだからです。
読者が紹介文を読んで、自分が探しているホームページなのかどうか判断しやすいものが望ましいと思ってます。
また、タイトルや紹介文そのものが面白いとか個性的なものも望ましいです。
掲載したくない紹介文については、登録フォームのところに記述してあるとおりです。
また、○○ は広く浅い内容のページよりも、狭く濃い内容のページを好みます。
おそらくこれは他の検索エンジンも同じではないかと思います。
分類するのがディレクトリ型検索エンジンの仕事なので、焦点が定まらない分類しづらいページは苦手です。
でもそれが悪いことだとは思いません。ディレクトリ型検索エンジンの管理者にとって苦手なだけです。
以上は検索エンジン側の勝手な都合であって、そのページの本当の価値とは関係ないと思われます。

以上、少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

<< トップ < テーマトップ

www.igros.net
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0