アクセス向上大失敗 www.igros.net
Last updated 2004/8/15
コメントバック 対応

脱アクセス向上大失敗 -脱に向かうまでのあらすじ?-

トップページ > アクセス向上 > 脱アクセス向上大失敗
[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ


igros.net検索
<プレビュー>
このテーマは 大失敗から一歩踏み込み、"しない方が良いよう" から "こうした方良いよ" と前向きな内容を報告しています。

<はじめに>
「脱アクセス向上大失敗」とは何のことか?
少し暴露と言うか、裏側と言うか、言い訳と言うか...。
大失敗から学んだ知恵を順次展開して行くことを基本に、掲載して行きたいと思っています。

従来のアクセス向上大失敗は、言わば「経験」を語っただけで、他の「アクセス向上」サイトのように、自分の考えをあまり前面に出していませんでした。
しかし、ここ数年でこのサイトを通じて色々な経験をさせて頂いた結果、少しは前向きなお話が出来るのではと心境の変化が出てきたのも事実です。
ちょっぴり、「デス、マス」調から、「デアル」調になることから、反感を買いやすくなるかもしれませんが、あまり気にしていてもしょうが無いので突っ走ることにします。
適当にあしらって下さい。

<暴露>
実はアクセス向上大失敗はYahoo!JAPAN掲載を目的にした「おとりサイト」として位置付けスタートさせたものだったのです。
当初申請していたサイトは、「これはどう考えてもダメだな」といち早く察した私は、Yahoo!JAPANに掲載される為のコンテンツを考えた次第です。
良くYahoo!JAPANに登録されるために自分のサイトを歪めては行けないと言いますが。

<裏側>
アクセス向上大失敗で「失敗」と掲載されている内容は必然的な経験では無く、あえて失敗と思われる部分を拾い出し取りまとめたものでした。
既に各サイトで紹介されているように「面白おかしい」と言う表現がありますが、そのように書いたつもりですから意に添ったサイトととして運営出来ていたと思います。

<言い訳>
ほとんどの表現が「...と思います」とか「...と言うことでしょうか」、あるいは「...かもしれません」と言った表現が目立ちます。
これも故意的な部分が強く、自分の自信の無さや良く解っていないことを「失敗」と言う言葉に引っ掛けて同調させていました。
読んで頂ける人との協調路線を確保するための言い逃れだったと思います。

<焦り>
意外にも「アクセス向上」と言うテーマでアクセスしてくれる人が多く、また、紹介もそのような傾向に傾いてしまいました。
しかしどうでしょうか? 冷静に考えると「アクセス向上」に関する記載はほとんど無いように思います。
また、「役に立ちました」とのご感想を頂くにつけ、もっと「力」になれないものかと思うようになってきました。

<脱>
昨年の11月〜12月にかけて、あるサイトのアクセス向上施策を行なってきました。
言わば自分の力を試す絶好の機会だったわけです。
結果は「数値」となり隠しようが無く跳ね返ってきます。
「もう、評論家的発想では...。」と言うのが本音として見えてきました。
チャレンジして行くことが必要なんでしょう。

<何をすれば良いのか>
頭の中と実体が上手く整理できていません。
また、構成も霧に霞んでいます。
向かう方向も不透明です。
しかし、従来のアクセス向上大失敗とは一見同じでも違うスタンスで取り組んで行きたいと言うことには違いありません。
1年後に振り返って見ると「形」になっていることを目標にマイペースで進めていきたいと思います。
経験値200%のみなさん、一緒に語っていきましょう。

脱アクセス向上大失敗

20%程度にしかならない
数で稼ぐことも出来る
クロールファイルを使う
Google化
Yahoo!JAPANにフォーカス
学習するユーザ
紹介されるのが効果的
Yahoo! IG インタビュー
あなたへのインタビュー
アクセスは人を見る
アクセス数に終止符を
アクセス数の弊害

[PR]特集 Amazon.co.jp レコメンドコンテンツ



Copyright(C) アクセス向上大失敗 All Rights Reservd.
version2.0